​第六回大会 エントリー特設ページ

​2022年4月10日、約2年ぶりとなる建設職人甲子園の第五回大会が開催されました。コロナ渦にあって、開催にあたってはたくさんの困難に立ち向かう事となりましたが、そういった中で新しい試みとなる「映像によるプレゼンテーション」もうまれ、来場いただいた方からは好評をいただきました。

そして、2023年には第六回大会の開催も決定しております。


​第六回大会のエントリーは、書類選考による1次審査と自社PV制作による2次審査がございます。2次審査を通過した企業は、2023年に開催される全国大会へ出場となります。


【大会参加ルール】
大会参加にあたっての総合ルールとして下記4点を予選、本大会における共通ルールといたします。
ルールを逸脱する状態が確認された場合、参加資格を剥奪させていただく場合がございます。


(1) 建設業であること
(2) 参加にあたっては、社内で選抜チーム(最低2名以上)により取り組みを行うこと
(3) 映像を観る人に、気づきや学び、業界発展に繋がるプレゼン作りをすること
(4) 反社会勢力との関わりあいがないこと



【一次予選概要】

◆一次予選内容
・エントリーシートによる書類選考
◆エントリー受付期間
・2022年6月1日~2022年10月31日
◆二次予選進出企業数
・「この甲子園活動(大会出場)を通して、成長への期待値、将来性、業界への影響」をより期待できる企業を審査員により選定
◆結果発表
・2022年11月(予定)



【二次予選概要】

◆二次予選内容
・8分間の自社PVの制作(制作にあたり、どのようなものにするかなどは甲子園による支援会を行っていきます)
◆制作期間
・2022年11月1日~2023年2月28日​
◆審査基準
本大会同様の5つの審査基準により審査を行います。

<<5つの審査基準>>
(1) 会社の取り組み
(2) ビジョン
(3) チームビルディング
(4) 業界発展
(5) 魅力・顧客満足度・社内満足度

◆本大会出場企業数
・PV審査にて上位を獲得した会社
◆結果発表
・2023年3月(予定)
◆全国大会
​・2023年7月~9月の期間で開催予定(RaiBoC Hallレイボックホール(市民会館おおみや))


 
​◆エントリー方法
・下記エントリー専用フォームからお願いいたします。

【エントリー概要】

2023年にさいたま市「 RaiBoC Hallレイボックホール(市民会館おおみや)  」にて開催される、第六回大会のエントリーシートです。こちらのエントリーシートは、1次予選の書類選考も兼ねております。エントリーシートの内容を見て、建設職人甲子園の理事により選考をさせていただきます。

エントリーシートは一人で取り組まず、社内で話し合いのうえご回答ください。

【一次予選取り組み期間】

2022年8月1日(月)~2022年10月31日(月)の期間内にエントリーシートをご提出ください。

 

エントリー申し込みフォームはこちら

​エントリー関連動画

​二次予選までの軌跡
 

第五回大会の二次予選までの軌跡をまとめた動画です。
二次予選に参加した8社それぞれが支援会を重ねながら気づき成長していく姿がそこにはありました。
ZOOMや直接訪問して行ってきた支援会など、様々な対話を重ね、エントリー企業同士が互いに切磋琢磨する事で、たくさんの気づきと成長を共有しました。
​エントリー後の雰囲気などもわかると思います、ぜひご覧ください。

 

​甲子園、大会エントリーを通じて得たものとは?
 

三代目理事長 石井の会社「マーブル」は第二回大会へエントリーする事で甲子園と関わりはじめました。
人間関係で苦しむ中で、甲子園にチャレンジする事で何かが変わるのではとエントリーを決意。
​そこでたくさんの気づきを得て変われたこと、それをもっとたくさんの人に発信したい。そういう想いが今の活動につながっているそうです。