今年はいつもと違う新年祈願

こんにちは、建設職人甲子園です。

 

例年、理事一同で新年祈願を行って参りましたが、今年はコロナ渦にあって神社での昇殿人数が制限されており、また緊急事態宣言が発令されている中でもありますので、代表理事の石井のみでの昇殿となりました。

 

新年のスタートという意味で新年祈願はいつも身が引き締まるものがありますが今年はその感覚を全員で感じる事が出来なかった事は残念に思います。

 

しかし、どのような状況下にあっても止まっているばかりではいられません。昨年の辛い時期を乗り越えた甲子園だからこそ、この状況下にあっても、情勢や人々の安全安心に配慮をした活動で、甲子園の理念を全うしていきたいと思います。

 

今年はそういう意味もあって「事業繁栄」ではなく「目標達成」を祈願していただきました。

 

形は変われど、目標に向かって突き進む、一人でも多くの職人さんの心に灯がともる活動をして参ります。

おまけの動画は新年1発目の運試し、理事長の石井がおみくじに挑戦しております^^


9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示