​煙のない建設業界へ

建設業界から火事をなくそう!

日本の成人男性の喫煙率がここ数年 20%を切っている中で、建設業界においてはその平均を大きく上回る喫煙率で推移しているのが現状となっており、東京消防庁の調べで年間100件~200件の火災が工事現場で起こっているそうです。

そんな中で今現在も、工事現場における主な出火原因のトップ3にたばこによる火災が入ってしまっているのが現状です。

今回は建設業界のイメージ向上と安全安心を目指すうえで【ニオイ】【火災】【マナーとイメージ】の3つのリスクについて、フィリップモリスジャパン様のご協力をいただき、トークをさせていただきました。

​是非ご覧ください。